東京都江戸川区の動物病院です。ペットの予防接種・ワクチン・がん・活性化自己リンパ球療法

上杉ペットクリニック
上杉ペットクリニック

ペットのがん治療のために

当院では活性化自己リンパ球療法をおこなっております。

活性化自己リンパ球療法は、採血して培養したリンパ球を点滴によって自己の体に戻して行う治療法です。

第4の治療法としての活性化自己リンパ球療法

ガンの治療法は「手術療法」「放射線療法」「抗癌剤療法」の3療法が現在 行われています。これらの療法は痛みや副作用を伴います。 活性化自己リンパ球療法は、自己のリンパ球を使うので、軽い発熱が出る場合がありますが、副作用もほとんど有りません。

第4の活性化自己リンパ球療法は、これらの療法に続く治療法としてヒトの臨床で行われています。

活性化自己リンパ球療法が、ガン細胞を攻撃します。

動物の体の細胞は毎日生まれ変わっています。この生まれ変わる時にガンになる細胞もできるのですが、ほとんどはガンになりません。 それはガン細胞をリンパ球が処理してしまうからです。リンパ球が処理できなかったガン細胞がガンになります。活性化自己リンパ球療法は、このリンパ球を体外で約1000倍に増やし、体に戻します。この戻したリンパ球がガン細胞を攻撃します。

培養イラスト
ガンの再発を予防する活性化リンパ球療法

ガンを手術で取り除いた後の、目に見えないガン細胞を攻撃して再発を防ぐ効果が有ります。また、副作用がほとんど無く、元気で食欲が出ることが多くあります(QOLの上昇)。

活性化リンパ球療法に使うリンパ球は、あなただけのオリジナルです。

他の医薬品のように不特定多数の患者さんに向けて作られたものとは違い、患者さんから採血しそこから生きたリンパ球を取り出して、当院で院長が培養します。培養にあたっては、雑菌・ウィルス・有害物質が入らないように専用の部屋と装置を使って清潔な環境で作業します。ですから培養したリンパ球は、あなただけのオリジナルです。

活性化リンパ球療法は、万能ではありません。

活性化リンパ球療法は、再発が決して起こらないと保障できる治療法ではありません。しかし、副作用がほとんど無く、QOLを上昇させることができ、再発を効果的に抑えるメカニズムを持った治療法です。

点滴スケジュール

0週 2週 4週 6週 8週 10週 12週
- 点滴1 点滴2 点滴3 点滴4 点滴5 点滴6
採血・培養 採血・培養 採血・培養 採血・培養 採血・培養 採血・培養 -

2週間おき6回投与で1クールが基本です。

上杉ペットクリニック
上杉ペットクリニック